一回の自毛植毛手術で移植できる本数の限界について

自毛植毛は、何本でも好きなだけ移植できると思われるかもしれませんが、実は移植本数にも限界があります。もちろん、自分の髪の毛からどれだけドナー採取が確保できるかということも関わってきますが、一回の施術で移植できる本数というのはどのくらいが相場なのでしょうか。あまり自毛植毛の技術が進んでいない頃は、一回の手術で移植できる本数の限界というのは2000本、800グラフトが限界だと言われていました。しかし、薄毛の進行状態が深刻な人の場合一回の施術では十分な密度に移植できず、再手術しなければいけないのが難点でした。

クリニックによっては、2回目以降の手術を通常の料金よりも割引してくれるクリニックもありますが、また一回目と同じくらいの料金を支払わなければならないとしたら、術後の頭皮にボリュームが足りなかったり満足がいかない密度であってもそこで納得するしかありませんでした。その後技術の発達によって一回の手術における移植本数の限界数が改められました。現在では、自毛植毛を行う際の限界移植本数は5000~7000本、グラフトなら2000~3000グラフトまでの移植が可能となりました。たくさんの本数を受け付けられるメガセッションが可能になったことで、今までは満足がいくボリュームや密度にするためには最低でも2回は手術を行う必要があった自毛植毛でも1度の手術で済むことになり、その分費用も抑えられるので日本で自毛植毛を受ける人口も徐々に増えつつあります。

しかし、薄毛で悩んでいても費用の面でなかなか手術に踏み切れない人はまだたくさんいますので、この先もっと技術が進むことで費用が安くなったり、保険適用ができるようになれば薄毛で悩む人の人口も減ってくるのかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です