薄毛対策に一番良いのは?自毛植毛のメリットについて

髪の毛の量が薄くなってしまう症状には、どんな対策が一番良いのか悩むことがあります。薄毛の対策方法はカツラを被る、育毛剤をつける、治療薬を飲む、人工毛移植手術・自毛植毛手術をするなどですが、長い目で見ると自毛を使って移植手術する対策方法が最も効果的です。どんなに良いカツラでも分かる人には被っていると見破られてしまいますし、育毛剤や治療薬は配合されている成分が健康面に影響を及ぼすことがあります。人工毛を使う移植手術は植える毛が自分の毛ではない異物であるので、体の免疫機能が拒絶反応を起こしてしまいやすいのです。

自毛植毛は自分の体の一部である毛を頭皮に植えるので、異物とは認識されず拒絶反応が起きることはありません。体に安全という面の他に自毛植毛手術が持つメリットは、頭皮に移植した自毛が定着すれば自然の毛と同じようになる点です。定着した自毛は頭皮に根づけば、自然の毛と同じく生えかわるようになります。人工毛移植手術ですと毛が定着せず、抜けては定期的に移植する必要があります。

自毛植毛は移植して髪が頭皮に定着さえしてしまえば、何度も移植をしなくて良くメンテナンス等を受ける必要もありません。自毛を移植する方法ですと他の方法よりも費用は高くなりますが、健康面と継続性を考えますと選んで損はないでしょう。費用は高いですが他の方法はずっと治療やメンテナンスをしなくてはならない分、自毛植毛は治療もメンテナンスも一定期間で済ませられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です