女性ホルモンと自毛植毛

抜け毛や薄毛に悩みを持っているという方でも、後頭部と側頭部の毛髪は残っているという方が多いものです。同じ頭部であっても、毛髪量に差異があるのは、部位によって働いているホルモンが異なるためです。自毛植毛というのは、自分の毛髪を利用する方法ですが、利用するのは男性ホルモンの影響を受けていない後頭部や側頭部になります。つまり、女性ホルモンが優位に働いている後頭部や側頭部の毛髪を、男性ホルモンが優位に働いている頭頂部や、全頭部に移植するということになります。

自毛植毛であれば、髪を生み出す毛乳頭細胞が残ったまま、移植させることができるので、移植後も通常の髪のように成長します。自毛植毛を選ぶことで、様々なメリットがあります。最も大きなメリットと言えるのが、自分の毛髪を移植することになるため、定着率が高く拒絶反応が生じないことです。当然、仕上がりが自然なので、外部から手術を受けたということはわかりません。

ウィッグなどのように、入浴や汗をかくスポーツを避けたくなるといったこともないのです。しかも、一度定着した後は、お手入れやメンテナンスを施す必要がありません。つまり、自毛植毛の治療を受けたとしても、その後何度も病院に足を運ぶ必要が無いのです。また、女性ホルモンが多い部位から採取した頭皮は、移植後に男性ホルモンが優位になるといったことはありません。

そのため、移植しても再び薄毛になるという心配がありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です