自毛植毛の基礎知識。

自毛植毛とは、名称通り自分の頭髪を利用し、薄毛が目立つ部分に移植するという手術方法です。育毛方法や発毛法として、最も認知度が高いのは、育毛剤や発毛剤を利用した方法ですが、即効性がありません。そこで、即座に効果が感じられる方法として、自毛植毛があります。植毛と言っても主に2種類あります。

それは、自毛を用いた方法と人工毛を用いた方法です。自毛植毛の場合は、自分の毛髪を使用し、移植する方法で、外科手術扱いになります。移植するための毛髪が必要になりますが、通常は側頭部と後頭部から採取されます。実際に手術を受ける方が、カウンセリングの際に質問することがあります。

それは、なぜ側頭部や後頭部が対象になるのかという点についてです。このように、側頭部と後頭部が選定される理由は、頭頂部や前頭部とは異なり、男性ホルモンの悪影響を受けないことが関係しています。女性ホルモンによって成り立っている部分なので、全体的に薄毛になっていたとしても、側頭部と後頭部は残っているというケースが多いのです。こうした点から、自毛植毛を講じた後に、定着すると理論上は一生涯抜け毛に悩むことがなくなります。

最も理想的な治療方法と言われることが多いものの、自毛植毛ならではの欠点があるのも事実です。そのため、必ず手術を受けるためには、長所だけではなく短所にも目を向ける必要があります。アメリカでは既に主流ですが、日本でも今後ますます発展するでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です