悪化したニキビを適切に治療する両国の皮膚科

皮膚科を訪れる患者に多い疾患がニキビです。両国にはベテランの医師がおり、症状に合わせた適切な治療を行っています。ニキビの主な原因は、過剰な皮脂分泌による毛穴の詰まりです。しかし自己判断で間違ったケアを行い、悪化させてしまうケースもよくあります。

ホルモンの乱れなどが原因となる場合も多いため、医師によって診断してもらうことが大切です。両国の皮膚科では、ニキビを主に外用薬によって治療しています。例えば炎症が起きている赤いニキビには、アクネ桿菌を強力に殺菌する抗生物質を処方します。この抗生物質にも種類があり、大きくニューキノロン系とリンコマイシン系に分けられます。

内服薬としては、経口摂取に適したマクロライド系の抗生物質が用いられます。場合によっては、テトラサイクリン系を処方することもあります。薬物は体内で複雑な働きをしますが、両国のクリニックでは医師の判断で、その人に最も適した薬が選ばれます。また皮膚科では通常、保険の範囲内で治療を行っています。

健康保険が適用される治療にはニキビの他に、乳児湿疹や成人の湿疹、かぶれやじんましん、虫刺されなどがあります。その他、金属アレルギーによる皮膚や粘膜の病変に関しても、保険が利きます。尚、金属アレルギーの原因は、ネックレスや時計のようなアクセサリーだけでなく、口腔内の金属が原因で起きることもあります。その場合は歯科クリニックを紹介してもらえますので、安心です。

亀頭増大のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です