住宅ローンの固定金利と変動金利

by:

住宅ローン固定金融

住宅ローンの金利にはいくつか種類があり、代表的なものは固定金利と変動金利に分けられます。この二つを組み合わせて契約するタイプの住宅ローンもあるので、それぞれのメリットとデメリットをきちんと把握したうえで比較するのが良いかもしれません。固定金利のメリットとしては、毎月の返済額が一定になり家計管理がしやすいことが挙げられます。市場の金利が変動しても返済額が変わらないので、住宅ローンが家計を圧迫する心配もいりません。

一方で市場の金利が下がったとしても返済額は安くならないので、これからさらに金利が低くなると考えている人にはあまり適さないでしょう。変動金利のメリットとしては、現在の日本のような低金利の状態であれば非常に安い金利で住宅ローンを借りられることが挙げられます。固定金利は将来の金利を保証するため若干の手数料が含まれており、その分が市場金利に上乗せされていることが多いです。一方変動金利であればそうした手数料が必要ないので、さらに安い水準でローンを借りられるでしょう。

ただし市場の金利水準が高くなった時には、それに応じて住宅ローンの金利も高くなり家計を圧迫してしまう可能性があるので注意が必要です。このように固定金利と変動金利には、それぞれ良い点と悪い点があるので比較検討が重要かもしれません。特徴をきちんと把握したうえで、自分に合った金利形態を選択するのがおすすめです。返済シミュレーションを作成してもらうのも、イメージしやすくて良いでしょう。

住宅ローンの固定変動のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です