住宅ローンを利用する際の借入額の目安について

by:

住宅ローン目安金融

自宅購入において住宅ローンを利用する場合、その借入額は慎重に検討しなければなりません。審査に通るからといってあまりにも高額なローンを借りてしまうと、日々の家計を圧迫してしまうことになる恐れがあります。限度額の目安と一般的な借入額の目安をきちんと把握したうえで、自分にとって無理のない返済計画を立てることが大切です。住宅ローンの借り入れをする際に、通常年収の7倍から8倍くらいが限度額の目安と言われています。

仮に年収が400万円であるとすれば、2、800万円から3、200万円程度の借入を行うことができるでしょう。年収によって借入できる金額の大まかな目安が分かるので、事前に購入物件をイメージするときにも役立ちます。ただし同じ年収でも努めている企業によって審査結果が変わる場合もあるので、あくまで参考程度に考えておくのが良いかもしれません。また限度額いっぱいまで住宅ローンを利用すると、日々の返済が大変になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

無理のない余裕を持った返済計画を立てるためにも、借入額は年収の6倍程度までに押さえておくのが安心かもしれません。新型コロナウイルスのように未曽有の災害が起こって収入が減少した時でも、余裕のある返済計画を立てておけば返済が滞らずに済む可能性が高くなります。事前にシミュレーションを作成してもらって、具体的なイメージを持ちながら借入額について検討してみるが良いでしょう。住宅ローンの目安のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です