住宅ローンの目安について

by:

住宅ローン目安金融

多くの人が住宅を購入する場合にどのくらいのローンを利用できるのか分からず悩んでいます。一般的な目安を理解した上で自分の収入に合った金額を利用すれば、無理なく住宅を購入できます。借入額を多くすれば高額な住宅を購入できますが、毎月の返済の負担が大きくなるので困ります。反対に借入額が少な過ぎると、資金が不足して条件に合った住宅を購入できなくなってしまいます。

住宅ローンの目安については年収の何倍までが理想的かが問題とされます。借入額ではなく住宅を購入するために必要な資金の場合、年収の約7倍が目安となっています。所要金額のうちいくらまでを借入で賄うかについては、検討が必要になります。住宅ローンの審査を通過して借入が可能な金額と、実際に無理なく返済が可能な金額は別に考えなければなりません。

一般的に新築住宅を購入する場合、必要な資金の目安は年収の約7倍とされており中古住宅だと5倍から6倍ほどとされます。多くの人びとは所要資金のうち8%から19%を自己資金で賄っています。住宅ローンの金額を考慮する場合には返済比率が重要になります。返済比率はローンの返済額が収入に占める割合のことで、基本的に年間の返済額と年収から導き出されます。

住宅ローンの借入可能額は金融機関によって異なっており、8千万円が上限とされる場合もあれば1億円が上限の場合もあります。上限まで借りるわけではなく、実際には毎月の返済の負担を考慮して無理のない金額を決定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です