住宅ローンの借入額と限度額の目安について

by:

住宅ローン目安金融

住宅ローンを利用して自宅を購入するという人は、非常に多いかもしれません。住宅は数千万円もする高額な買い物になるケースがほとんどなので、借り入れを利用せずに一括で返済できる人はあまりいないと言われています。住宅ローンは自宅購入を支援するための制度なので、そのほかの一般的なローンに比べて金利水準が低いこともメリットであり利用しやすいかもしれません。無理のない借入額を検討し、多少収入が減少しても返済が滞らない程度の余裕を持った返済計画を立てておくのがおすすめです。

住宅ローンを利用する際の借入限度額としては、年収の7倍から8倍程度を一つの目安にするのが良いとされています。自分の収入によって限度額がある程度把握できるので、購入できる物件のイメージがつきやすいかもしれません。年収300万円の人であれば2、100万円から2、400万円程度ですし、年収1、000万円の人であれば7、000万円から8、000万円程度の借入額がおおよその限度額における目安となってくるでしょう。ただし限度額は返済に余裕のある借入額の目安ではないので、購入物件の金額を下げたり頭金を準備したりして借入金額をもう少し押さえておくのがおすすめです。

収入の5倍から6倍程度であれば、無理のない返済計画を立てやすいかもしれません。銀行の担当者とも相談しながら借入額を相談し、返済シミュレーションを作成したうえで検討するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です