住宅ローンの一種であるフラット35とは

by:

フラット35住宅ローン住宅関連

フラット35は日本政府が所管する独立行政法人と民間の金融機関が提供する住宅ローンで、金利が固定されています。融資の限度額は8千万円とされており保証人を用意しなくても最長35年、最短15年の借入が可能です。返済期間は本人や連帯債務者が満60歳以上の場合は10年とされます。20年以下を選んだ場合は、基本的に返済途中で21年に変更できないので注意が必要です。

住宅を購入する場合だけでなく、他の金融機関から借りた住宅ローンの借り入れた住宅の一部をリフォームしたり増改築する場合に利用できます。フラット35はリフォームのみを目的とする場合には利用できません。一般的な住宅ローンとは異なり団体信用生命保険に加入しなくても融資が受けられます。融資を受けるための条件は契約者と住宅について定められています。

契約者は申込時の年齢が満70歳未満でなければなりません。日本国籍か永住者、もしくは特別永住者の資格も必要になります。年間の借入返済額の全額が額面年収400万円未満の場合は30%以下、400万円以上の場合は35%以下であることも求められます。フラット35が利用できる住宅は独立行政法人が定める技術水準を満たさなければなりません。

また床面積は一戸建て住宅だと70平方メートル以上、共同住宅だと30平方メートル以上とされています。フラット35は変動金利の住宅ローンよりも審査が緩やかに行われており、職種や勤続年数は影響しません。完済まで金利が変動しないため、計画的な返済が可能になるというメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です