適切な治療を行う両国の皮膚科

両国にある皮膚科では、にきびや水虫、じんましんなどの他、アトピー性皮膚炎や乳児湿疹についても丁寧な診療を行っています。赤ちゃんに起こりやすい乳児湿疹は、アトピー性皮膚炎とは異なります。肌の乾燥や、逆に水分が過剰なために生じることもあり、おむつかぶれやあせもなど、様々なケースがあります。水ぶくれが顔にできることもあり、露出している部分の他に背中に発生することもあります。

ただし赤ちゃんは、痛みなどの症状を話すことができないため、医師による診断が大切になります。両国で開業している皮膚科には経験豊かな医師がいるため、アトピー性皮膚炎と乳児湿疹を的確に見分けて治療を行っています。大人のアトピー性皮膚炎についての治療でも、高い評価を受けています。その他、脂漏性皮膚炎や貨幣状湿疹、感染性の病気についての治療も、随時行われています。

感染性の皮膚の病気には、ヘルペスと呼ばれることの多い単純疱疹や、水痘などがあります。帯状疱疹も感染性の疾患です。これらは完治するまで、適切な治療が行われます。感染性ではない疾患には、脂漏性角化症があります。

これは通常、老人性イボと呼ばれるもので、両国の皮膚科でも多数の症例があります。また首のイボやほくろの除去なども行われています。爪に関する悩みも皮膚科の分野です。例えば爪水虫やメラノーマなどです。

毛髪に関する疾患としては円形脱毛症やAGAがあり、両国の皮膚科では多くの患者が治療を受けています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です